期待値の計算

トータル確率について

ここで言う「トータル確率」は、1R分の当たりを引くのにかかる通常時の大当たり確率のことです。

これは、1Rの出球数を使ってミリミリ期待値を出していきたい人が使用しています。

下記にトータル確率の求め方を解説していきます。(あってるかどうか、だれか教えてくれ!頼む!)

計算式は、「トータル確率 = E」とすると、

通常時の大当たり確率は、機種によって決まっているので、大当たり時の平均ラウンドの総数を使って

1 / E = (1 / 大当たり確率) × (大当たり時の平均ラウンド総数)

と表せられます。次に、大当たり時の平均ラウンド総数は、

大当たり時の平均ラウンド総数 = (平均連続大当たり数) × (1回の大当たり時の平均ラウンド数) 

と表せられるので、

E = (大当たり確率) / [ (平均連続大当たり数) × (1回の大当たり時の平均ラウンド数) ] です。

一例として、「PA大海物語4スペシャル Withアグネス・ラム」では、

E = 99.9 / [ (平均連続大当たり数) × (1回の大当たり時の平均ラウンド数) ]

(平均連続大当たり数) = (継続率による連チャン期待数(実行期待数30連=10万分の1の確率)) =1+0.578+0.33+0.19×…+(遊タイム分)=2.3696…+0.05=2.4196

継続率=(((1-(1-41%)×(1-60%))×0.04 + ((1-(1-41%)×(1-33%))×0.66) +((1-(1-41%)×(1-14%))×0.30)=(0.03+0.4+0.148)= 0.578= 約578%

(ST10回転継続率約41%、遊タイム突入確率約5%←厳しく算出、遊タイムが外れる確率約2.2×0.05%←無視)

(1回の大当たり時の平均ラウンド数) = 10R×0.04 + 6R×0.6 + 4R×0.36 = 5.44R

E = 99.9 / (2.42 × 5.44) = 7.588…

「PA大海物語4スペシャル Withアグネス・ラム」の「トータル確率」は、「7.588」です。

ボーダーラインは、19.375回転/1k になります。(遊タイムまで残り100回転だとボーダーが17.15回転まで下がります。)

ちなみに継続率90%では、10万分の1で110連します。平均連続大当たり数は9.9999073…回になります。

こぶし ぱんち

kobushipannchi.com

拳パンチと申します。 投稿については拙いものですが、読んで見ていただければ幸いです。 できれば、お友達にも紹介してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です